• スライド画像

2016年は、昨年大好評のコンテンツをさらに充実して開催。

出展各社の新作発表や新たなライフスタイルの提案に始まり、充実のファクトリーツアーを開催。今年のメイン会場でのインスタレーションにはパリを拠点に世界を舞台に大活躍している建築家 田根剛氏(DGT.)を招聘します。また、今年も開催するオフィシャルパーティでは地元旭川の食材を惜しみなくご用意。インテリア・建築・デザイン・クラフト業界の皆様にはもちろん、一般の皆様にもお楽しみいただける企画を準備中。ASAHIKAWA DESIGN WEEK は旭川家具木工産地の魅力を伝え、今年も地域のものづくりの可能性を語り合う、デザインの“広場”となります。

[ 会 期 ]
2016年6月22日(水)~26日(日)
[ 会 場 ]
旭川家具センター(北海道旭川市永山2条10丁目1-35)
旭川市内、東川町、東神楽町の各メーカー、工房、ショップ、他
 
(予定)旭川家具センターや各出展社の工場、ショップ、ショールームにとどまらず、今年も旭川空港、旭川駅、買物公園での連携も計画中。




こちらより「ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2016」のプレスリリースをダウンロードいただけます。

ADW PRESS RELEASE  ADW PRESS RELEASE


デザインは、出会いです。
イメージ

2016 年は、建築家 田根 剛氏デザインによるスペシャルインスタレーション

田根 剛プロフィール

田根 剛 プロフィール

1979 年東京生まれ。建築家。2002年北海道東海大学芸術工学部建築学科卒業後、デンマーク王立アカデミー客員研究員。ヘニングラーセン・アーキテクツ(デンマーク)、アジャイエ・アソシエイツ(イギリス)にて経験を積む。2006年、ダン・ドレル(イタリア)、リナ・ゴットメ(レバノン)と共にD G T(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)をフランス・パリに設立。 2006年『エストニア国立博物館』の国際設計競技にて最優秀賞(2016年完成予定)、また新国立競技場基本構想国際デザイン競技の『古墳スタジアム』が最終選考に選ばれるなど、国際的な注目を集める。代表作に『A House for OISO 』『虎屋パリ店』『CITIZEN - LIGHT is TIME 』など。現在、ヨーロッパを中心にアジア・アメリカでプロジェクトが進行中。フランス文化庁新進建築家賞、ミラノ建築家協会賞受賞、ミラノ・デザイン・アワード2 部門受賞(2014)など多数受賞。コロンビア大学GSAPP 非常勤講師。

http://www.dgtarchitects.com

「田根 剛 講演会」場所の記憶から建築を考える

田根 剛氏