IFDA 国際家具デザインコンペティション旭川2005
タイトル イベント情報
ホーム
メッセージ
趣旨
審査員紹介
審査進行状況
過去の入賞作品
イベント情報
IFDA2005 入選入賞作品
国際家具デザインフェア旭川2005開催イベント
主催事業
国際家具デザインコンペティション入賞入選作品

会期 2005年6月15日(水)〜19日(日)9:00〜17:00
会場 旭川家具センター(旭川市永山2条10丁目)
今回で第6回目を迎える「国際家具デザインコンペティション」には、世界43ヶ国・地域から909点の作品応募がありました。審査委員の喜多俊之氏、川上元美氏、渋谷邦男氏、ハンス・サンドゲーン・ヤコブセン氏(デンマーク)、グニラ・アラード氏(スウェーデン)、ユン・ヨハン氏(韓国)らによる厳正な審査の結果、入賞作品8点と入選作品が選定されました。この作品展ではこれら入賞入選作品を展示します。 2002年国際家具デザインコンペティション入賞入選作品

第51回旭川家具木工祭MAKROS

会期 2005年6月15日(水)〜17日(金)卸見本市
2005年6月18日(土)〜19日(日)一般公開 9:00〜17:00
会場 旭川家具センター(旭川市永山2条10丁目)
旭川を代表する家具メーカー30社の新作家具を展示します。
展示01 展示02 展示03

表彰式

会期 2005年6月15日(水)18:00〜
会場 旭川パレスホテル(旭川市7条通6丁目)
※遊創会パーティ 18:30〜

デザインセミナー

日時 2005年6月16日(木)11:00〜12:30
場所 北海道東海大学(旭川市神居町忠和224)
●テーマ:「私のデザインソース」
IFDAデザインコンペ審査員によるデザインレクチャーを開催。
●講師:
グニラ・アラード(スウェーデン)
ハンス・サンドゲーン・ヤコブセン(デンマーク)
ユン・ヨハン(韓国)
●共催:北海道東海大学
●定員:200名
グニラ・アラード、ハンス・サンドゲーン・ヤコブセン、ユン・ヨハン

デザインシンポジウム

日時 2005年6月17日(金)18:00〜20:00
場所 旭川市大雪クリスタルホール 音楽堂(旭川市神楽3条7丁目)
●テーマ:「北欧のくらしとデザイン」
北欧4ヶ国における生活文化の違いや各国のデザイン事情などを紹介し、「北欧のくらしとデザイン」をテーマとしたシンポジウムを開催。
●コーディネーター:島崎 信(武蔵野美術大学名誉教授)
●パネラー:北欧4ヶ国大使館員(文化担当参事官を予定)
●共催:北海道東海大学
●定員:500名

併催事業
バウハウス2005・現代に生き続けるデザイン

会期 2005年6月14日(火)〜7月31日(日)10:00〜18:00(月曜休館)
会場 チェアーズギャラリー(旭川市宮下通11丁目)
「20世紀初頭のドイツに、14年間だけ存在した造形学校バウハウスは、モダンデザインの源流といわれ、現代のさまざまなデザインに影響を与えている」バウハウスは現在、このように紹介されています。今も生産されているバウハウス製品も、たくさんあります。バウハウス2005展は、家具や照明器具、テーブルウエアといっいたプロダクト製品を中心に構成されます。バウハウスの作品や模型を通じて、彼らの試行錯誤を辿ってみる試みです。
主催:旭川デザインマンス実行委員会
Easy chair B35 table lamp folding chair B4 pot

2005旭川クラフト展

会期 2005年6月14日(火)〜26日(日)10:00〜18:00
会場 デザインギャラリー(旭川市宮下通11丁目)
旭川地域で活躍するクラフトマンが木・土・布・ガラスなどの素材を使い創作したクラフト作品を展示します。
主催:2005旭川クラフト展実行委員会
クラフト展

芸術工学の夜明け展ー1919〜33年のデザインー

会期 2005年6月10日(金)〜23日(木)10:00〜18:00
会場 北海道東海大学(旭川市神居町忠和224)
バウハウスと同時期に生まれたデザインの紹介
主催:北海道東海大学

宮脇檀の住宅展

会期 2005年6月10日(金)〜23日(木)10:00〜18:00
会場 北海道東海大学(旭川市神居町忠和224)
宮脇檀 建築家宮脇檀氏の住宅模型を展示
主催:北海道東海大学

旭川木彫りの源流展

会期 2005年6月15日(水)〜19日(日)10:00〜18:00
会場 上川倉庫「蔵囲夢」1号棟(旭川市宮下通11丁目)
源流を辿り、現代に生きる木彫りの心を巡る作品展。


フレーム
戻る