KOKONOKI

ここの木の家具・北海道プロジェクト

できることなら、近くの山から伐り出した木で、家具をつくりたい。
北海道に木工業が生まれた頃のように。
実は、ないと言われていた北海道の木材資源はここ数十年で着実に増えており、
私たちが家具づくりに使う広葉樹も、日本有数の保有量になっています。
今こそ、この恵みを産業全体で活用するとき。
旭川から始まった「日本の森を守る家具づくり」が、
北海道全体に広がってきています。

こんなに、よい木が育っていたなんて。

日本の森 5つの誤解

日本の森は枯渇している。

日本の森林率は
主要国で世界第3位。

日本の森林率は主要国で世界第3位。

日本の森林率
日本の森林率

「日本の森林が枯渇している」「いい材料がどんどんなくなっている」と言われ続けて数十年が経ちます。しかし、林野庁のデータからは意外な結論が読み取れます。日本の森林率は主要国世界第3位と高く、森林資源量もこの50年間に3倍近くにもなっている。それは、「日本の森林には木が有効に利用されずに余っている」という意味にほかなりません。

手つかずの森林はすばらしい。

ふえすぎた「花粉」は、
杉の悲鳴。

ふえすぎた「花粉」は、杉の悲鳴。

日本の森林資源量(1965~2015年の50年間)
日本の森林資源量

戦後、針葉樹を植えるだけ植え間伐せずに放置したため、光が入らず太れない木が密集し、森は不健康になりました。スギ花粉の問題は、木が必死で子孫を残そうとした結果なのです。広葉樹も植樹後は手入れをしなければなりません。そうして成長した分を、伐採し活用することで森は健康になっていきます。森の生態系を守るためには、人間の積極的な関与が欠かせないのです。※林野庁ホームページ参考

林業は発展途上国の産業である。

先進国では木材生産が
増加している。

日本の
木材供給量と
自給率
日本の木材供給量と自給率

世界の木材の7割近くは先進国で生産されています。途上国における森林荒廃は、原生林の無計画な伐採が原因。植林と伐採による持続的な林業は、むしろ先進国向きです。しかし日本の木材自給率は、ここ10年で回復したものの33%と低いのが現状。林業は、国が「成長産業化」に取り組んでいることからも、環境保護とビジネスチャンスを広げるこれからの産業分野なのです。※林野庁ホームページ参考

亜寒帯気候の北海道には、
針葉樹が多い。

北海道は、全国の3割近い
広葉樹資源を持っている。

広葉樹と針葉樹の
資源量
  • 全国 全国
  • 北海道 北海道

かつて広葉樹王国と言われた北海道は、80年代半ばまでに太く優良なナラやセンの木を大量に欧米などに輸出してしまいました。しかし木はつねに成長しており、広葉樹資源の総量は減っていないことがわかっています。たとえば旭川では、太くない材料でもつくれる小椅子などの生産量が増加。未来に立派な木を残すために間引かれた、中径木なども有効に活用できる状況です。

木材は、
年輪の間隔が狭いほど強い。

ナラやタモは、年輪幅が
広い方が硬くて強い。

  • 年輪幅の広いミズナラ 年輪幅の広いミズナラ 年輪幅の広いミズナラ
  • 年輪幅の狭いミズナラ 年輪幅の狭いミズナラ 年輪幅の狭いミズナラ

北海道を代表する広葉樹のナラやタモでは、春の成長期になると水分を通す「導管」と呼ばれる孔(あな)ができます。成長が遅く年輪幅が狭いと、孔の部分が多くなるため軽くて弱い材料になります。太い木を育てるために間伐する中径木には、年輪の幅が広くて硬いものが多く、強度を必要とする椅子などの材料に適しています。

私たちは、北海道の木で
家具をつくる努力をします。

丸太の見立てから製材、乾燥、木取り。木を長年扱ってきた経験に基づいて「自主基準」を設け、積極的な活用と品質維持に取り組みます。

北海道産広葉樹の使用基準

1.樹種
カバ、ナラ、タモ、クルミ、サクラ、イタヤカエデ ほか
2.定義
木部の外観表面の80%以上が
北海道で伐採された広葉樹であること。

北海道産広葉樹の使用率が4割近くに!

  • 2014年
    道産材比率 26.9%
  • 2017年
    道産材比率 36.7%
旭川家具・北海道産広葉樹の使用状況[2017年12月現在]
旭川家具工業協同組合の総生産高の62%にあたるメーカー14社より回答
※グラフの外側の円が全使用量、内側の濃い色が「北海道産広葉樹」、同グレーは輸入材の使用量となります。
たとえば2017年のナラ系では「491㎥」が北海道産です。